【ブレイキング・バッド】シーズン1(全7話)を観ての感想とあらすじ☆ネタバレ注意☆

ブレイキング・バッドという海外ドラマのシーズン1を観終えたのでそのあらすじと感想まとめです。

 

海外ドラマで有名なのはLOSTとかプリズンブレイクとかは結構知名度あると思うんだけど、このブレイキング・バッドはあんまり知名度ないのかな。

回りでも知らないとか観たことないとか正直知名度が低いカテゴリだと思うけど、面白い!

 

今日はそのブレイキング・バッドのシーズン1を観終えた感想をまとめてみましたので参考までに。

 

ネタバレ含みますので先を観たくない方はここでお引き取りを。

f:id:plusspace:20170824104009j:plain

 

主演

ウォルター・ホワイト(主演:ブライアン・クランストン)

物語の主人公。高校の化学教師をやっています。

肺がんにかかってしまい、余命2年を宣告されたことをきっかけに家族へ資産を残すべくドラッグ製造に手を出してしまうことに。

f:id:plusspace:20170824105849j:plain

 

ジェシー・ピンクマン(主演:アーロン・ポール)

ウォルターの元教え子です。

高校中退後は、ドラッグの売買にて生計をたててすごしています。

ウォルターの義理の弟は麻薬捜査官でして、ウォルターが麻薬捜査の現場をみたいということで付き添いにいった先でジェシーをみかけたことをきっかけに、ジェシーと手を組みドラッグの製造、販売に手を染めることに。

f:id:plusspace:20170824105924j:plain

 

あらすじ

高校にて化学教師を勤めるウォルター。

ウォルターは病院にて肺がんを宣告され、余命2年という現実を突然受け入れないといけない状況に。

ウォルターの家族は、なんとしても治したいという想いがあり、いろんな病院や知人へ頼んだり聞いたりしてウォルターの回復を願っています。

その気持は嬉しいのですが、治療費もかかるし残される家族のことも心配だし、ウォルターはとても悩んでいます。

 

ある日、ウォルターの義理の弟は麻薬捜査官をやっており、興味があるというとこで家宅捜査の現場へ同行させてもうらうことに。

麻薬は犯罪だが金になることは知っていたので気になっていたようです。

家宅捜査の最中隣の家から逃げる一人の青年を発見します。

この青年が以前の教え子であるジェシー・ピンクマンです。

 

その夜、ジェシーの家を訪れ手を組んで薬の製造と販売をしようと持ちかけます。

ジェシーは当然断りますが、現場いたこともありしぶしぶ従うことになります。

ウォルターは化学教師の以前はかなり優秀な研究者だったこともあり、その知識をもとに高レベルなドラッグ(純度99%のクリスタル・メス)を製造し、ジェシーが売りさばくことになります。

 

ジェシーの元相棒の家を訪ね、ビジネスの話ということでドラッグの売買を持ちかけますが、逆に利用されジェシーとウォルターは脅されドラッグを製造させられることに。

ウォルターは従うふりをして毒ガスをつくり、スキをみて毒ガスを気化させジェシーの元相棒を毒殺します。

 

2人はすっかり殺してしまったと思い込みますが、実は生きており、このまま生き返ると殺されてしまうと考え今のうちに殺さなくてはと殺人を決意します。

2人とも殺人なんてやったことないので苦しんでいますが、ウォルターの案で強力な酸で溶かしてしまうという作戦に。

 

とりあえず死体を溶かすことに成功し、次なる手を考えることに。

 

大きく稼ぐためには元締めと直接取り引きすればいいと考え、トゥコというヤバイ元締めと取引する計画に。

ジェシーが話を持ちかけるためトゥコのアジトへドラッグを持ち乗り込みます。

ところがドラッグだけ取られ、病院送りにされてしまうくらいボコボコにされ返されることに。

 

これに腹を立てたウォルターは、ドラッグと見た目が同じ爆弾をつくり、それを持参し取引をしたいとトゥコを訪ねます。

トゥコは当然またドラッグを持ってきたただのバカだと思い、奪いとろうとしますが、そうはさせまいとウォルターは少量のかけらでアジトを爆破させ、ジェシーの治療費と前回のドラッグの取引金額を頂き、今後もビジネス的な付き合いをしようと話を半ば強引に成立させます。

 

こんな感じでドラッグの大物元締めトゥコと取引をすることになりシーズン1は終了。

 

感想

単純なドラッグの売買ドラマではなく、主人公ウォルターはガンのため死ぬ前に家族に資産を残そうとドラッグ売買というヤバイ副業に手を出すことに。

しかもところどころ出てくる化学の知識やドラッグの製造過程など、なんか自分でもできるんじゃないかと思わせる表現がまた面白さを引き立ててくれます。

ドラッグは社会的にアウトだけど現実的に起きていることは事実ですし、そのへんもリアルに表現されていてすっかりハマってしまいました。

ドラッグはやったことないので現実的な内容とマッチしているかはわかりませんが、妙なリアルさが次を観たくさせる面白いドラマでした。